わたしは老人ホーム施設へと、毎日真面目に勤めている、現役の介護福祉士であります。

介護福祉士とは、身体が不自由で、日常生活を自らの力だけで、上手く送る事などが出来ない、お年寄りの方々を、上手くサポートして行って、しっかりとお世話をして行く業務内容となっております。

介護福祉士の主は仕事には、老人ホームを利用して下さっている、お年寄りの人達の排泄などを、きちんと処理したり、若しくはスムーズに促して上げたりするのが、最も一般的になっています。

これらの他にも、何か楽しい催し事などを、じっくりと考え出して、上手に提供してやったりします。

 

更に利用者さんの相談事においても、ちゃんと耳を傾けたりして、臨機応変に対応したりする、とてもハードだけど、同時にやり甲斐が凄くある、魅力的な職業であったりします。

但し想像よりも遥かに、全身の力が必要となる、重労働でもある為、慣れない女性の人だと直ぐに挫折してしまい、簡単に辞めてしまいます。

全身の力を、どうして要するのかと言うと、1人で起き上がれない利用者さんの身体を、上手に抱き上げてやりながら、車椅子などに、しっかりと乗せてやらないとならないからです。

 

それとは別に食事やトイレなどを、スムーズに済ませられるようにと、きちんと支えて上げないと行けないからなんです。なので予想以上にしんどくて、めちゃくちゃ忙しかったりもします。

 

介護福祉士では、病院でお仕事している、看護師さんと同様に、残業を強いられてしまうケースなどが、結構頻繁に起こったりします。

わたしはこの点が物凄く嫌です。勿論夜勤に至ってでも、絶対に勤務しなくてはならない事から、そのような形により、激務ばかりが続いていたりします。
ストレスが気付かぬ内に、段々と溜まってしまい、心身共々に、見えないダメージなどによって、完全に疲れ切っているほどなんです。

 

夜勤に付く事によって、利用者さん達の中には、認知症を患っている方が、深夜に徘徊したり、身体不自由な人のオムツなどを、ちゃんと取り替えなくてはならない為、眠る事などまず出来ません。

 

おまけに日勤した翌日が、最悪な事に夜勤となっている事から、毎日の生活パターンなどが、すっかり崩れてしまい、不安定な生活サイクルにより過ごして行く事を、強制的に余儀なくされてしまいます。

このような悪循環へて完全に陥ってしまっている状況であるので、わたしは働く意欲が以前よりも増して、どんどんと大きくなって来ています。

ですので最近は介護福祉士の仕事を、一体どのしようにして退職したら良いものか、頭の中にはそれしか思い浮かんで来ません。