少し英語をかじったことのある人がよく口にする言葉。

「日常会話程度なら出来ます」

これにとても違和感を感じる。

 

日常会話ほど難しいものはないと思うんですが。。。

普通に考えて、日常会話ってあらゆるテーマがトピックになる

可能性ありますからね。

 

「父親が最近○○で…」とかも日常会話だし、

「IPS細胞が云々…」とかも身もふたもないことを言えば日常会話です。

 

僕はIPS細胞について人並みの知識しかないので、

正直議論吹っかけられてもきついです。

日本語でもきついので、英語だったらなおさらきついです。笑

 

このように、日常会話って、トピックの幅が無限なんですよね。

それを考慮すると、日常会話程度できますとか口が裂けても

言えないんじゃないでしょうか。

 

会話の幅って、その人の教養の広さ、深さに比例します。

教養がない人との会話は、せいぜい天気の話とか

そういう浅い次元でしか話せないんですよね。

 

逆に、教養のある人との会話では歴史とか、経済とか

哲学とか色々話せます。

お互い知識のベースとなるところを理解していれば

通じ合えます。

 

僕もよく、いわゆる日常会話程度ならできます的な

雰囲気を出している人と仕事することがあるんですが、

ほとんどの場合できてませんね。。。笑

傍から見ると一見コミュニケーション取れているように

映るんですが、実際は噛み合ってなかったりしてます。

対応出来るトピックの幅=教養がないと、

どれだけネイティブでも会話は成り立ちません。

 

なので、とりあえず日常会話なめるなと言いたい。

たとえ英語を勉強していても成り立たない世界があるんですよね。

やはり教養がないと。。。

くそガキが喋ってるみたいになってしまいます。

 

英語に限らず言語学習において日常会話ってのは

一番きついところですが、それとは反対にビジネス英語は

超かんたんだと思います。

この話はまた次回。